» 未分類のブログ記事

VICSによる渋滞・規制情報

| 未分類 |

カーナビを選ぶ際に注目すべきポイントはいくつかありますが、
VICSによる渋滞・規制情報のチェックができるかどうかという
のも大切なポイントのひとつです。これは、道路交通情報を
24時間365日、休みなくリアルタイムで送信し、カーナビ
などの車載機に文字や図形で表示するための情報通信システム
のことです。
このシステムに対応しているカーナビですと、一般道と高速道
のいずれにおいても、進路上にある道路の渋滞状況や、道路工事、
チェーン規制、事故の発生、通行止め、車線規制などの情報
が瞬時にわかり、事故発生地点などを迂回する代替路線の検索
などもできるため、目的地に向かってスムーズに運転をすること
ができます。
現在のところ、カーナビにはFM多重情報だけしか受信できないも
のと、電波ビーコン、光ビーコンのいずれかからの情報を合わせて
受信することができるものの2つの種類があり、もし受信機がつい
ていないタイプであれば、こうした情報を得るために専用の機器を
増設しなければなりません。
なお、2022年からは、FM多重情報による渋滞情報の伝送方式の統一
が行われることとなっていますので、旧方式を前提として製造された
カーナビについては、一部の機能が利用できなくなるおそれがあります。

オーディオ・テレビの機能

| 未分類 |

最近のカーナビにはテレビの種類であったり、録音方式で
あったり様々な種類があり、カーナビ選びに迷う方も多い
でしょう。
まず、テレビの受信方法の違いによりワンセグと地デジの2
種類に分けられます。ワンセグはひとつのアンテナから映像
の情報を受信しカーナビに映像をうつします。その為情報量
も少なく受信状況も安定しないため、少し画像が粗かったり
途中で止まったりします。しかし、地デジでは複数のアンテナ
から映像の情報を受信し、電波の情報の多いところだけを
瞬時に見分けカーナビにうつしますので、情報量も多く鮮明
ビジネス女性07な映像をうつし出すことができます。
次にオーディオですが車にどのように音楽を持ち込むかで求
める機能が変わってきます。CDを毎回入れて聴く場合は特に
気にすることはないでしょう。しかし、今のカーナビには録音
することができます。録音する先がHDDの場合、HDDは容量が
大きいため高音質でたくさんの音楽を車に録音することができ
ます。SDカードに録音する場合、容量が少ないため音質は少し
落とされて録音されます。音楽を家のパソコンで入れてから車
に持ち込むことができるのでCDを持ち歩かなくてよくなります。
他にもスマートフォンやニンテンドーDSとカーナビを同期したり
様々な楽しみかたがあります。
自分のライフスタイルにあったカーナビを付けて、みんな違った
カーライフを楽しむことができるでしょう。

リモコンの有無

| 未分類 |

車に付属するカーナビゲーションの機械は、激安のものを
購入しない限り、それほど安い買い物ではありません。
ですから、それを購入する際にはできるだけ自分の理想通り
のカスタマイズを行いたいと考えてしまうものです。さて、
そのカスタマイズの一つとしては、リモコンの有無が挙げら
るのではないでしょうか。一般的なカーナビにはそのような
機能はついていませんが、ちょっと贅沢感のあるカーナビ
を取り付けたいと考えているのであれば、このセットは
必要不可欠になります。ビジネス女性10

なぜそれが必要不可欠になるのかと言えば、同乗者が存在
している際に、リモートコントロールでカーナビを動かす
ことができると非常に便利だからです。とくに後部座席に
座っている同乗者の人であれば直接カーナビに触れることが
できませんので、そのようなリモートができる設備はとても
役立つ存在であると言えるでしょう。それに、後部座席から
無理にカーナビを操作しようとしても危険がともないますの
で、多くの人数で車に乗るような人であれば必ず備えておき
たい設備の一つにもなります。

このようなことから、リモートコントロールの設備はカーナビ
にとって比較的必要なものであると考えられますので、
きるだけセッティングしておいた方がいいでしょう。

カーナビと地図

| 未分類 |

カーナビを購入するにあたり、選択肢の中に地図データ量やビジネス男性10
最新のものかどうかを気にすることが多いと思います。
新品で購入すれば購入年のデータを採用している事がほとんど
であります。
しかし、長年使用しているうちに道路は変化していきます。
今まで無かった所に道路ができていたり、逆にビルなどがで
きて道路が無くなっている、一歩通行になったなど。
カーナビメーカーもここの対応を行うべくいろいろな方法で
更新できるようになっていますが、注意が必要です。
更新に費用がかかることです。
あるメーカーは購入後3年間は無料だったり、他のメーカー
は年間数百円程度の費用がひつようだったりとまちまちです。
更新手順もインターネット経由で更新データを取得して
SDカードなどにコピーし、カーナビを更新モードに切り替えて
SDカードを読み込ませるものや、古くはDVDディスク購入
して入れ替えるなどさまざまです。
スマートフォンを利用したアプリでのカーナビでは、
マップデータの更新はデータ提供者側が自動で更新して提供
しますので、この様な手間はありませんが、GPSのみで測位
するので、トンネルや山間部での位置精度が悪かったりします。
今後はスマートフォンのナビも何らかの改善が図られていく
ともいますが、しばらくの間は、カーナビのマップを手動で
更新する日が続きそうです。

こだわりたいカーナビのポイント

| 未分類 |

カーナビを購入する際にこだわりたいポイントと言えば、
メーカーや記録メディアの形式などがあります。記録
メディアの形式と言うのは、大容量のメモリーが搭載
されているHDDタイプのものと、メモリータイプで
あるポータブルのものがあります。
一般的にはHDDタイプのものが主流とされ、たくさん
の映像データや音楽データも収録することが出来るのが
特徴です。HDDタイプのものは一体型のものが多く、
実際の道路状況とほとんど同じ表示をしてくれ、目印
などを詳細に提示してくれます。また、四季によって
映像も変化させてくれます。
メモリータイプのものは、SDカードやSSDという
フラッシュメモリーを利用したものが多く、容量は少ない
ですが、処理が速いといったメリットがあります。
ポータブルタイプのものは、低価格で購入することが可能
で、さらには簡単に着脱することが出来ます。ナビだけを
利用したい、という人の多くがこちらのタイプのものを選
ぶことが多いです。
このように利用する人によって、価格で選ぶか、取り外し
が簡単なものを選ぶか、エンターテイメント性にこだわる
のか、映像や音の良さで選ぶのか、など多くのこだわりの
ポイントが考えられます。

媒体で選ぶ

| 未分類 |

カーナビの選択はいろいろな考え方がありますが、ビジネス男性08
媒体の種類で選んでみるのも1つの手段です。媒体は
主に、CDROM、DVDROM、HDD、メモリカードです。
CDROMやHDDは据付型のナビゲーションで多く利用
されており、メモリカードは携帯型のナビゲーション
でも利用されています。CDROMは主にCDROMチェンジャー
とも連携することで全国対応の地図データを利用する
ことが出来たため、初期のナビゲーションでは多く
利用されてきました。その後、CDROMからCDROM数枚分
の容量があるDVDROMへ変化し、チェンジャー無しでも
全国対応の地図が利用できます。HDDは現在でも多くの
ナビゲーションで利用されており、最新の地図に更新
することができ、また、動作が早いことも特徴の1つ
です。メモリカードはSDタイプやメモリスティック型、
USBメモリ型と多岐にわたりますが、一般的にはSDカード
が多いようです。SDカードの利点は小さいことです。
ポータブルタイプのナビゲーションではほとんどが
SDカードに地図データを入れて利用することが多い
ようです。SDカードの利点は地図をパソコンなどを利用
してアップデートできることですが、動作はHDDに比べて
遅い機種が多いようです

インダッシュタイプカーナビ

| 未分類 |

カーナビにはいろいろな種類があるためどれが良いのかビジネス女性11
悩んでしまいますが、好みの問題もあるためにタイプの
選択は人それぞれだと言えます。カーナビは購入時に
取付費用がかかるため、経済的に済ませるにはポータブル型
が最適な選択となります。ポータブル型はモニターのみの
構成となっているため、自分で簡単に設置できる点に
メリットがあると言えます。同じようにオンダッシュ型は、
本体を収納するスペースが必要ですがモニターは好きな場所
に設置できる特徴があります。しかしオンダッシュ型は
インパネ回りに設置するのではなくダッシュボード上に設置
することになるため、車種によっては視界の邪魔になって
しまうことがあります。また車内は夏場に高温となってしまう
ため、オンダッシュ型では変型や故障の確率が高くなってしまう
デメリットがあります。インパネ回りにスペースが確保
できる車の場合には、インダッシュ型が優れていると言
えます。オンダッシュ型のデメリットが全て解消できますので、
視界を遮らないメリットがあるのです。しかしインパネ回りに
2DINタイプのカーナビを設置できるスペースがなければ
いけませんので、車種によっては設置できない事があると
言えます。

オンダッシュタイプカーナビ

| 未分類 |

カーナビの種類を大きく2つに分けると、ダッシュボードビジネス女性04
内蔵タイプ(インダッシュ型)とダッシュボードの外側に
据え付けるタイプ(オンダッシュ型)に分類することがで
きます。ここでは、ダッシュボードの外側に据え付ける
タイプのカーナビのメリットとデメリットについて説明
します。
まず、メリットの1つ目は、なんといっても持ち運びに
便利である点です。据え付け方も吸盤などで固定する機種
も多いため、例えば、カーナビを持っていない車にも、
自分の車からすぐに取り外し、取り付けすることができ
ます。
2つ目は、内蔵型と比較すると安価で手に入れることが
できる点です。当然、内蔵型の方が優れている機能も
ありますが、普段使いにおいては、遜色ない出来栄えで
あるといえます。
3つ目は、自分で簡単に取り付けできることです。
持ち運びが容易ということは、取り付けも簡単という
ことになります。
では、デメリットについてですが、1つ目は、電源の
供給など、配線が外側に出てしまうことです。カー用品店
等で、配線を隠してもらうこともできますが、その場合、
持ち運びに支障をきたす恐れがあります。
2つ目は、ダッシュボードの上に置かれることが多いので
、運転席からの視認性が低下することです。慣れれば問題
のないレベルですが、当初は戸惑うこともあるかもしれません。
3つ目は、その簡単な取り付け機構の為、車自体の振動に
共鳴してしまい、ブルブル・カタカタしてしまうことがあります。
振動の影響を受けない様な場所を探して取り付けるように
しましょう。
このように、メリット・デメリットはありますが、皆さんに
カーライフに合ったカーナビを選ぶことを心がけて下さい。

スタイル編

| 未分類 |

カーナビにはスタイルによって様々な違いがありますが、
最適なタイプは車種によっても異なりますしもちろん好み
によっても異なります。オーディオと一体型になっている
ナビゲーションは1DINか2DINタイプとなっているものが
多く、1DINではスライド式でポップアップするのが主流
となります。2DIN型では完全はめ込み式となりますので、
インパネに2DIN型が収まるスペースがなければ取り付け
できないと言えます。新車ディーラーでオプションとしてビジネス女性02
購入できるものはほとんどが2DIN型となりますので、
1DIN型が希望の場合にはカーショップ等の専門店で購入
することになります。2DIN型のメリットはインパネに
スッキリと収まるため、ダッシュボード回りに余計なも
のがなく視界が良好に保てる点にあります。また直射日光
が当たるのを避ける事ができるため、カバーなどの
アクセサリーが必要ないとう言う点もメリットといえます。
1DIN型はスライド式となるため、設置場所によってはエアコン
のスイッチやカップホルダーが使えないと言うデメリットが
出てきますが、豪華さという点ではメリットが大きいと言えます
。最近では低価格で販売しているポータブル型ナビゲーション
が人気となっています。モニターに全ての装置が入っている
ため、設置場所の自由度が高く取り外しができるメリット
があります。